HOME > 跳ね上げメガネ > 「近視+老眼」用メガネ

「近視+老眼」用メガネ

近視で老眼、手元をご覧になるときは遠用メガネを外してちょうど良いかたに便利なメガネの紹介です。 近視で老眼のかたに便利なメガネをご紹介いたします。
近視で老眼のかたには跳ね上げメガネが便利ですが、手元が裸眼で見えるというメリットを生かしたメガネを紹介いたします。
ベストハーフ」と「ベターハーフ」です。 

「ベストハーフ」について

近方を見る場合はレンズを通さずに下方視をしてレンズの無い部分で近くを見てもらう使用方法です。

視線の使い方は遠近両用の場合と同じで下方視をする場合は「下目」使いをしなければなりませんが、遠近両用レンズのような側方視をした場合の左右のゆがみ部分はありませんし、遠方視をした場合の違和感(視力低下等)もありません。

レンズ部分を通さずに見る部分は裸眼の状態ですので左右に広くゆがみ無くご覧になれます。

下方視の状態 跳ね上げの状態

ベストハーフ ベストハーフ跳ね上げ

ベストハーフ」の場合、跳ね上げフレームを使用しますので、より広く近くを見たいと思ったときに、目の前のレンズを跳ね上げていただければ手元が広い範囲でご覧いただけます。

遠用部分の広さはお客様の希望で微調整ができます。

ベストハーフ使用例

手元を見るときはやや下目にします。

ベストハーフ使用例

さらに広く手元を見たい場合はレンズを跳ね上げ広い視野で手元が見れます。

ベストハーフ使用例

遠方はそのまま前方を見ます。

レンズシェイプ比較 レンズシェイプ比較

レンズシェイプ比較 ベストハーフに調整

(レンズの天地幅を変形しよりベストな玉型に調整いたします。


「ベターハーフ」について

「ベストハーフ」同様、遠方を見る場合はレンズを通して見ていただき、近方を見る場合はレンズの無い部分を通して裸眼の状態で見ていただきます。

既存のナイロール枠を利用し、天地幅を狭くした特別仕様のメガネが「ベターハーフ」です。

ナイロール枠であれば「ベターハーフ」にすることは可能です。「ベストハーフ」に比べ多くの枠の中からフレームを選ぶことができます。

買い物に行ったり、本屋さんにいった時など、値段を見たり、活字を見たり、そのつどメガネを外したり、頭の上にメガネを載せたりのわずらわしさから開放されます。

ベターハーフ

ベターハーフ使用例

遠方はそのまままっすぐの視線で見ます。

ベターハーフ使用例

手元はレンズの無い部分で見ます。


お問い合わせ

icon 電話番号055-252-9065 icon FAX055-252-9065
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ

お使いの携帯電話やスマートフォンへご返信できない場合もございます。お問い合わせ後に返信メールが届かない場合はお電話やFAXでお問い合わせください。


ページトップに戻る