HOME > スポーツ用メガネ

スポーツ用メガネ

スポーツによる眼の外傷について

眼外傷」は球技に多く、直接ボールがあたったものやラケットなどによる眼の怪我は、スポーツ人口が増えるにつれ増加するものと思われます。

オプトメトリストの内藤貴雄氏によれば、

スポーツをしているときに転んだり、ぶつかったり、ひねったりしてからだの怪我をする人は、アマチュア、プロに関わらずたくさんいるんですが・・・。意外と知られていないのが目の事故。日本のデータを持ち合わせていないのですが、アメリカでは「年間およそ60万件のスポーツによる眼外傷があり、そのうち約42,000件は救急病院での治療を必要とし、13,500件が失明に至る事故である」というデータがあるくらいです。

なんでもアメリカで、最初に自転車でのヘルメット装用が導入されたのは1970年、しかし、90年代中頃まで実際には義務化されなかったとのこと。この25年のブランクのあいだに、500万件の自転車関係の事故があり、その85%はヘルメットの装用で防げたといいます。スポーツ中のアイガードグラス(保護眼鏡)装用の義務化はまだ完全にはされておらず、自転車のヘルメットのような道筋をたどるなら、スポーツ中の目の事故はまだまだ増えると考えられるわけです。

また、1998年、「Prevent Blindness America(アメリカ盲目防止協会)」は、39,000件の救急病院での検査の調査からスポーツによる眼外傷の63%5~14才の子供15~24才のヤング・アダルトである。スポーツによる眼外傷の55%は、バスケットボール、野球、フットボール、サッカー、ホッケーそしてバレーボールで起こっているというデータを発表しました。

これは日本でもまったく同じこと。アイガードグラス(保護眼鏡)装用の啓蒙をおこない、特に技術的に未熟なジュニアスポーツの世界では、義務化すべきでないでしょうか。

アメリカには「The Coalition To Prevent Sports Eye Injuries(スポーツ眼外傷防止連合」のという団体もあります。

という内容でスポーツにおける「眼外傷」防止の啓蒙をなさっています。
(上記の話題は同氏のブログ「menosaite.com」の記事より)
 アイガード装着画像 サッカー試合中アイガード装着例 アイガード装着画像
 


アイガード(ゴーグルタイプメガネ)

激しいスポーツから目を守る最強フレームです。国産のアイガードです。日本人向きの鼻根部分が特徴です。厚めの鼻あて部分と太めのメガネバンドで目をしっかりガードいたします。

SVS700ピンク

SVS700ピンク

新商品のジュニアモデルはフェイスパッドが交換可能になり、パーツ色(別売)を変えることにより4色の色が楽しめます。また、
ラバー部分が傷んできた場合にこの部分のみの交換で元の状態でお使いいただけます。
スペアベルトも500N、600、700共通で3色(黒・紺・ピンク)に増えました。

SVS700ピンク SVS700ピンク

SVS700ピンク SVS700ピンク
サイズは48□16 4カーブ 高さ43mmです。取り外しは簡単です。

SVS700ホワイト

SVS700ホワイト

SVS700ネイビー

SVS700ネイビー

SVS700ブラック

SVS700ブラック
SVS500N(大)

スポーツメガネ ゴーグルタイプ
56□20 ブラック・クリア・クリアブルーの3色からお選びください。

鼻あて部分 抗菌ベルト

サイドクッション


REC SPECS(ゴーグルタイプ)

 RecSpecsレックスペックス)は、球技などのスポーツで眼の安全を促進する「ゴーグル」の中心的存在です。

1978年、最初にRx可能な保護眼鏡(アイガード)が初めて紹介されました。
試合中における手や肘の接触と同様に、ボールが眼に当たった衝撃は、運動選手の視覚にとって大変脅威なものです。
アメリカでは、2001年のレポートによると、スポーツ時に救急治療を必要とする眼の怪我は3万8000件いじょうもありました。

スポーツ人気が増すに従って、選手の眼の怪我は驚くべき速度で増加しています。ですが、スポーツ界では、運動能力(バランス・反応速度)が重視されているので、「視覚:スポーツビジョン」に対してまだまだ不認知な傾向があります。

スポーツ選手は、個人の年齢・体格・技能レベルにかかわらず、「眼を負傷しない」ことが大前提なのです。

ほとんどのスポーツはゴーグルを使用すれば、少なくとも90%は眼の怪我を予防することができるのです。

 RecSpecsレックスペックス)は、あらゆるスポーツアプリケーションのために、設計された高品質の商品です。

ポリカーボネイトレンズやNTXレンズと組み合わせたRecSpecs(レックスペックス)は,ラケットボール(バスケットボール、ハンドボール)の規格:「ASTMF3衝撃テスト」にもクリヤーしています(テニス等も同様)。

そしてRecSpecs(レックスペックス)は球技だけでなく、水泳やジェットスキー、スキーやスノーボーディングのような
ウィンタースポーツ
にも適しています。

スポーツ時、子供の眼を守る安全でズレないゴーグルタイプのフレームです。

スキーのゴーグルのような仰々しいものではなく、非常に軽く丈夫なフレームはスポーツ時の視野を妨げることなく安全にプレイに集中でき、良い結果を得れると思います。

できればスポーツ時の眼の怪我は避けたいものです。
(RecSpecs マニュアルより)

テニスアイガード装着例

輸入品(made in tailand)のスポーツゴーグルです。日本人が使用する場合はノーズパッドが必要になります。最近は日本人向きにアレンジされたタイプも発売(made in Japan)になっています。国産フレームに比べスマートなデザインとなっています。強度も十分確保されています。完全なゴーグルタイプとテンプルがあって先端部分がバンドになっているタイプがございます。

メガネバンドタイプ


53□19
 

メガネテンプルタイプ


53□19
 

このタイプはリバーシブルキッドが用意されていて、テンプルを外してゴーグルに取り換えるとメガネバンドタイプに変えることができます。46□、48□、50□、51□の子供用サイズも豊富に揃っています。


●REC MORPHS
 
REC MORPHS


剣道メガネ(防具内で使用するメガネ)

汗止めバーがついているタイプ

メガネバンドで頭部に固定するタイプです。
剣道用に作られたフレームですが、他のスポーツでも使用可能です。
パット部分はシリコンパッドが付いています。汗止めバーが付いています。

フレームは子供用(43)・大人用(46)(48)の3サイズがあります。

剣道用メガネ装着例

剣道用メガネ 剣道用メガネ 剣道用メガネ正面図
43□18、46□18、48□18 3サイズからお選びください。

剣道用メガネ研究会オリジナルフレームについてはこちらをご覧ください。

ゴムバンドで耳に掛けるタイプ

両耳にゴムバンドで掛けるタイプです。パット部分は鼻根部分にシリコンパッドで固定する方式です。鼻あての変形もありません。大人用・子供用それぞれ2サイズあります。スポーツ全般用としてお使いいただけます。

 スポーツ用フレームサイド部分

(大人用2サイズ)
大人用スポーツフレーム
44□27.5、46□29

(子供用2サイズ)
子供用スポーツフレーム
39□27、41□28

スポーツ用フレームパッド部分
(鼻あて部分)
   


軽くて丈夫なスポーツ用チタンフレームについて

スポーツ用チタンフレーム⇒「スポルテス


高視野・高カーブレンズ対応フレーム

スポーツメガネ研究会オリジナルフレーム。国産(鯖江産)です。
スポーツに適した高カーブレンズに高視野を確保できるチタン製で丈夫な高カーブレンズ対応フレームです。

高視野・高カーブ対応フレーム パーミエイト

詳しくは「高視野・高カーブフレーム」をご覧ください。

 フレームの在庫状況はメールかTELでお問い合わせください。

スポーツメガネ研究会画像

スポーツ専用メガネフレーム

スポーツメガネについてはスポーツメガネ研究会のHPもご覧ください。

お問い合わせ

icon 電話番号055-252-9065 icon FAX055-252-9065
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ

お使いの携帯電話やスマートフォンへご返信できない場合もございます。お問い合わせ後に返信メールが届かない場合はお電話やFAXでお問い合わせください。


ページトップに戻る