HOME > 子供用メガネ

子供用メガネ

子供用メガネ

お子様のメガネの場合は
1.サイズが適正であること
2.メガネがずれないようにしっかりとフィッティングされているメガネであること
3.フレームが丈夫で壊れにくいこと
4.レンズに関してはプラスチックレンズを使用することがほとんどですので、日々の掛け外しや取り扱いでどうしても傷はついてきてしまいます。広範囲での擦り傷等がつきますと視力に影響が出ますのでその場合はレンズの交換をしてください。
5.特に小さなお子さんの場合は信じられないようなことをする場合があります。フレーム調整が必要になる場合が多々あります。メンテナンスの回数が増えますが、気兼ねせずに調整してもらえるお店を選びましょう。

小学生以下のお子さんの場合は眼科での検診をお勧めいたします。
①小学生の年代は、目のピント調節の力が強く、正確な度数の測定が困難であり
②禁止ばかりか、遠視や弱視、斜視の恐れもあるからです。
現在社会では、勉強や読書以外にも、コンピューターゲーム、スマホ、ピアノや音楽のレッスンのために楽譜を見るなど、近くのものを見る時間が長く、目はいつもピント合わせを強いられていますので、正確なメガネの調整のためには眼科での検診が必要です。眼鏡調整には眼科専門医の処方箋をご持参ください。
(「眼鏡技術者国家資格推進機構」より抜粋)

適正サイズではないためにメガネが絶えずズレ下がっている状態でかけているお子さんを見かけますが、メガネをずれた状態でかけていることは、メガネの矯正効果が低下すると同時に光学中心が目からずれることにより眼位のズレが生じます。特に弱視眼鏡においては強度の場合が多く、知らず知らずのうちに目に負担をかけているということもあります。デザイン優先ではなく、視機能矯正の視点からのメガネ選びが必要です。


弱視眼鏡(子供メガネ)実例集

●遠視のお子さんの場合
 

R S+7.75 C-1.00 AX5
L S+7.00 C-1.00 AX180 

レンズはプラスチックレンズ屈折率1.6球面レンズを使用、薄型加工を施しています。

 

 

 



●強度近視のお子さんの場合
 

R S-10.00 C-2.00 AX60
L S-10.00 C-2.00 AX120

プラスチック屈折率1.67非球面レンズ使用。

 

 


強度近視のお子さんでもウスカルメガネの原理が適用できますので、かなり厚いレンズでもメガネにするとかなり薄く仕上がります。

●近視のお子さんの場合(不同視)
 

R S-0.00
L S-6.00 C-5.00 AX10 

レンズはプラスチック屈折率1.6球面レンズを使用。

  ←左眼レンズ

 



 




お問い合わせ

icon 電話番号055-252-9065 icon FAX055-252-9065
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ

お使いの携帯電話やスマートフォンへご返信できない場合もございます。お問い合わせ後に返信メールが届かない場合はお電話やFAXでお問い合わせください。


ページトップに戻る